スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
さて…
【2010年09月10日(金)12:58記述開始】

 え~…まず…何を持ってよりも先に…「ふぬ」の怠けグセのせいで更新が滞っているぼくのブログを連日チェックしてくださている方々に何よりも感謝感謝れすぅ…ほんとうにありがとうございますぅm(_ _)m

 ブログの更新が神出鬼没なんれ、お話が途中のものが複数ございますのれ、まず、『とっとと』結果を記述したいと思いますぅ。.。oO 先がつまてるお…

≪ふぬの脚の手術のお話≫
 結局、手術することになた「ふぬ」は採血の覚悟を決めて、看護婦さんに『くれぐれも』お願いして、看護婦さんの手腕が巧く見事に成功!1時間もかからず立ち上がれますた….。oO よかたよかた…
 その数日後…たしか6月2日(水)くらいかな…に手術決行!

 さて、外科を含め、手術したことのある方が最近のお若い方々には少ない様に感じていますぅ…。というのも…「ふぬ」の子供の頃はファミコンすら発売されておらず、山とか空き地とか小学校の校庭とかで、連日、あそびまくってますたぁ…。
 特に、山の奥地を探検したり、防空壕を探検したり…ちなみに…誰も入らない防空壕って…リアルにガクブルで面白いれすお…。いまでは『危ない』という理由で塞がれる工事をされたり、立ち入り禁止にされたり…そういう経験ができない環境にあるのかもしれないれすぅ…。
 「ふぬ」の子供時代は、そんなことを毎日やって遊んでますたので、活発なお友達は骨折して手術なんて普通にありますたぁ…。しか~し、「ふぬ」は、学校の体育館に体育演技の模範連続写真に採用されるくらい、そこそこ、体育も出来…、そのころ特に得意だたのがサッカー。
 小学生の頃、毎日、クラブ活動以上に遊んでた経験が高校の授業で役立ち、高校のサッカー部の連中よりアシスト・得点などなど・・・ぼくがいるチームが勝つというくらいになてますたぁ….。oO 余談れすが、その時の高校の成績は体育も10段階で10だたれすぅ…。これも、小学校時代に全力で『遊んだ経験』がものを言ったれすぅ。
 しか~し、遊ぶことに全力だた「ふぬ」の小学校の成績は6年間、3段階でAを1回も取ったことが無く、Cも複数…。そんな、『勉強はダメな子』れすたぁ…。
 体育はAをもらてるお友達より、授業外では、あらゆる種目で勝っていても『先生の主観』でぼくは、万年B評価。
 というのも、(今でもそうれすが)【「ふぬ」は人が観てるとこでは本気にならない】という性格もあり、よく言えば『能ある鷹は爪を隠す』れすが、学校の授業でも『手を抜く』ので成績も体育すらB評価れすたぁ…。
 勉強は、正当な評価れすたが…。要は、「ふぬ」の小学生時代は『完全に勉強はできない子』だたれすぅ…。
 そんな勉強ダメな子をママんが見かねて、『ダメな子を更正させる厳しい知り合いの塾』に小学5年生から通わされますたぁ…。しか~し、そんな中でも、塾の開始時間限界まで遊びまくり、宿題もやらないわ、テストの点数は悪いわ、週3回、怒られに通ってますたぁ…。
 さら~に、そこへ『これからは英語の時代』と考えたママんが『英語の塾』にぼくを週1で通わせ始めますたぁ…。
 その時代…まだ、現在ほど英語の重要性は認識されておらず、そんな塾に通ってるのは『各クラスの中で1・2を争う優等生のみ…』。
 ついて行けるわけもなく…れすが休むことも無く、その塾での雰囲気は『場違いなところに来てしまた可愛そうな子』れすた…。
 後に、ぼく以外の全員が学区の最高の高校に進学及び、最高クラスの私学に進学して、みんな国立大学に、すんなり入学して行きますたぁ…。余談れすが、この時の同塾生の人の中でぼくが大学まで進学したとは誰も予想していないと思われますぅ…。
 よく覚えているのが、その塾では、中学生の段階ではもう文法の授業を本格的に教えていて、ぼくには、何のことか、さぱ~り、わからなかたのを覚えていますぅ…。
 周囲の同級生の視界に、ぼくは一切入らず…『場違いな可愛そうな子』状態で、先生までも『この子には教えても無駄』と諦められ『質問しても答えられるわけがない』のれ『(どうせ答えられないであろうという理由で)先に、ここは○○ですね』と…『ぼくが、解りません』と答える前に言われてしまう始末…。
 ところが…「ふぬ」の性格なんれしょうか…こういった『(自業自得なのかもしれないれすが、そうでもない気もしますが、この)いじめの様な環境の塾を休む事はありませんれすたぁ…』。
 つま~り、週4回、2つの塾から『ボロクソに怒られに通っていた』ことになるれすぅ…。英語の塾の先生は、見放しすることで、ぼくを『ヌル~』してますたが、もう一人の塾の先生には週3で起こられ、罵倒されるんれすが、その中に、何かしらの『善意(愛情?)』が含まれていたのかもしれないれすぅ。
 その時の言葉の中のいくつかを、今も覚えていますぅ…。言葉自体は罵倒なんれすが、何故かそれが罵倒に聞こえない…そんな言葉れすたぁ…。

 さて、毎度の如く、お話が反れますたが、ここで言いたかったのは、最近、骨折して手術をした経験のある子供が少なくなているような気がしてならないんれすが、みなさまはいかがれしょうか…。
 しかし、ぼくも、某ブラック会社の業務を『生命の限界まで遂行した』結果、大人になってから両腕を骨折して手術するという経験をしますたぁ…。
 その時から思ていたんれすが…手術ということは…まず、採血が付き物で、『麻酔』ももれなくついてくるれすぅ。さて…麻酔が効けば当然、手術中は痛くないんれすが…そもそも、麻酔って…経験者さんは分かるんれすが…人間が痛みを感じるのは『神経が働いているから』れすぅ。ということは…麻酔というのは…その神経の運動を眠らせるわけれすぅ。ということは…麻酔の注射の標的は…『神経』ということになるれすぅ。そう…まだ、正常に機能している『神経』。そこへ、麻酔の注射がされるわけれすぅ…ということは…。手術で一番痛いのは…『術後の麻酔が切れた後』と共に『麻酔を打つ時』なんれすぅ…。そう…『眠ってない神経に注射を数か所する』わけれすから…。

 執刀医の先生の『いいかい?』の言葉と共に腫瘍の様なものの『摘出手術』が開始されますたぁ…。数年前に両腕骨折手術をしている「ふぬ」は体がそれを覚えているので、『麻酔の痛み』も『ktkr』状態…。麻酔が終わり、いよいよメスを入れるそのとき…部分麻酔手術でのお決まりの執刀医の質問『痛かったら言ってね』….。oO 『痛かったらって…』と、毎回思う「ふぬ」…
 そして、終わると、お裁縫の様に皮膚を縫合…。あれから約3カ月経ちますたが、メスを入れた部分と縫合で針を刺した部分などが、そのまま変色しているれすぅ…。栄養も不足しているので、変色が治るのは当分かかるかも…。
 手術自体は、皮膚内に溜まった老廃物の摘出なんで、一般的に言う『腫瘍摘出』という言葉から連想される様な、やや危険を伴うものれはなかたんれ、そこはよかたよかたなんれすが…ふぬふぬ

 さて、まず、「ふぬ」の最近のお話…5・6月…「ふぬ」は、天鳳の上右3を約120戦打ちますたぁ…ところが…1位率が.100くらい。先制リーチも120戦の半荘で上がれたのが10回未満で他は追っかけに1発放銃などなど…。確率と先制リーチの有用性を全く信用できなくなり、天鳳を一時、引退することにしますた。

 丁度、その頃、本趣味の予選などが始まり、HDDの空き容量を確保するのが連日の超大きな課題となり、7・8月は、もう、あほみたく忙しく…。その影響で今現在も、まだ処理(編集・エンコードなど)が済んでいない動画ファイルが多数残ってしまっていて、いまだに連日、処理に奔走しているんれすが、その作業は非常に面白くなく、ストレスは増大。作業の合間に気分転換が必要れすた…。
 で、合間を見て、気分転換がてら、『非公開ID』で、ちょくちょく打っていますた…。複数のIDを持つことの是非の議論はここでは、割愛させて頂き、ぼくが『非公開ID』を持つ理由は2つありますぅ。1つは、『特上以上を目指す為に、体調の良いとき(普通に思考できる精神状態のとき)のみしか打たない』という制約を設けますた。2つ目は、『ふぬ顔でない、ふぬとはわからないIDで、気楽に打つこと』。この2つが目的で存在していますぅ。
 どうも、『あ、こいつ「ふぬ」だ!』と同卓者さんに分かると、気分的に気楽に打てないことが、たまにあるのれ…。
 あとは、「ふぬ」は基本的には、今現在までは『独学』を楽しんでいるので、『正攻法』でないことを『実験打ち』していることもあるので、『実験用のID』も必要になてくるれすぅ。要は、そういう教科書的なものを見ないで『独学で何かを発見すること』を楽しみに打っていることもあるれすぅ。
 『特上到達までは、それをメインに楽しんでた』と言っても過言ではないかも…。

 そんな中、非公開IDが3つめの特上で打てる資格を取得し、公開に至りますた。3つ、特上で打てるIDを得ることができたので、いよいよ、時期がきたのかも知れないれすぅ…。

 「ふぬ」は、特上卓を『突破するには』今のままの独学のみの学習と経験ではまず無理なことくらいは認識できていますたのれ、まず、非公開でなかたID2つで特上右3での調査・実験打ちを開始しますた…。すると…。

 「ふぬ」は、天鳳に来て『ピンフって何?』から始めたのと、集中的に学習することもせず、独学での探究と特上IDの誕生を最初の目標に位置づけ、昨年7月に初代特上IDを誕生させることに成功しますた。しかし、そこに至るまでには、数々の苦難がありますた…。

①上左4、三段からの12連ラス
②上右3、二段からの8連ラス
…などなど…「ふぬ」の最低Rは1308れすぅ。『赤い5って何?』の時代れすたぁ…。

 そして、つい最近、学習用の特上ID2つが、またもや記録的戦績をうみますたぁ…。
③特上右3、18戦、11連+4連含む15ラス
④さらに…6日連続Rチャオ

 ここで、特筆すべきは、特上右3で、18戦15ラスをくらいながらptチャオしていない…ということれしょうか…。上卓にRチャオを6日連続でしますたが、ほぼ1戦で1位を取って復帰できたことが大きい要因かもしれないれすぅ。

 今現在、連日、甲子園の動画処理に追われ時間が無い中、天鳳に集中できない状態にありますが、ここまで酷いと、『仕方ない』のれ、『ふぬに授けられた秘伝の書』のその『課題部分の項目』のみを学習することにしますたぁ…。

 …その結果…今現在、あの戦績から平均順位が2.4台まで復帰を達成しますた…。ptは、四段では右戦では1位で70pt、4位で-90ptらから、ptこそ、まだ、原点に戻ってませんが、そろそろ、『特上攻略』の準備をしてもいい時期に来てるのかもしれないれすぅ。
 まだ、感覚と判断基準がおぼろげなんで、実力化していないんれすが、今の感覚から言うと…『特右3が上右3の様に感じられてきますた』ぁ…。
 もしかしたら、今がチャンスなのかもしれないれすが…。まぁ、落ちつくれすぅ。
 特上右3で『内容的に完勝』とつい最近、初めて感じる対戦がありますたぁ…。そう感じられることは、結果とか運がどうかいうよりも、『何かが見えてきた』ということだと思いますぅ…。
 これも、学習用に2つも特上IDを所持していたからこそできることかも…。3つ目の特上IDは、学習用ではないので、まだ、特上卓では未使用れすぅ。このまま、すんなり行くとは思えないので、もう一つ、途中で止めてある非公開IDに特上資格を獲得させてからでもいいかな…とか、考えていますぅ…。
.。oO どしよ…

 ふぬ杯に関しましては、動画処理が平常状態に落ち着き後、運営用WSに改良を少ししてからの開催になる予定れすぅ。どか、みなさま、もう少しだけお待ちくらさい…必ず、復活開催しますぅノ

どもどもノシ
 
スポンサーサイト
【2010/09/10 15:13 】
【^・ω・^】 ふぬの個人日記 【^・ω・^】 | コメント(1)
<<2010年09月18日、実験ふぬ杯結果(速報) | ホーム | ふぬ、再起動ノ>>
コメント
ぬぬぬ…おめれすぅノ
油断してると、のらりくらり、「ふぬ」も猛追れすぅノ

とりあえず、キリがいいれすねぇ…。

とりあえず、おめれすぅノ

ふぬふぬ
【2010/09/10 20:29】
| URL | ふぬ(^・ω・^)わからん #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。