スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
天鳳にアクセスせず24時間経過
【2010年07月6日(火)04:21記述開始】

 昨日の記事に『天鳳経営者さんとのやりとりがあったこと』や『通常でないプログラムの介在の可能性』について、少々触れたのれ、今日のコメは、『システム厨www』という類の『煽りコメントでもあるかも』とおもてますたが、意外にも無く、強者のお友達から複数のコメを戴き感謝感謝れすぅ…。

 1にち寝て、天鳳に接続しなかった事で今まで使っていた苦痛を得るだけの無駄な時間を浪費すること無く、本趣味開催に向けその準備をコツコツしていたらこんな時間になてまいますた。

 え~何からお話しようか…チョモランマ級にてんこ盛りなんれすが…まず…無駄な時間がまた増えるとマンドクサイのれ、天鳳に関してぼくがどう感じているか…要は、一般的に言われる『システムは存在するのか』についてぼくの今現在の考えを明確にしておきたいと思いますぅ。

 昨日も書きますたが…ぼくの考えは…

 営利目的サイトであれば、製作者(この場合、個人経営なので経営者と同意になる)の意図によるお金儲け(課金)を促す目的の『本来あるはずのない仕組み(プログラム)が存在していても、肯定もできませんが否定もできない』という事がまず、1点。

 それと、『昇段間近、三段1000pt以降、六段R1980以降…この場面から一気に原点以下まで一直線に戻される』という現象、及び、『課金IDはすんなり特上に到達したが、無課金IDはできなかった』という匿名での情報も複数ぼくのブログには寄せられていますぅ。

 これを単なる偶然と見るかどうかは別として、上記の事象が、いくつもの違うIDを使用しようとも、『起こるタイミングはいつも同じ』であることをぼく自身『13回経験』していますぅ。単なる事実をありのまま書いただけなんれ他意はないれすぅ。

 それとこの際れすから全部書いてまいましょか…天鳳の経営者=プログラマーということになる本来個人事業主クラスのはずれすが、まず、御本人からのお言葉として『特定のIDを不利にさせるプログラムは簡単にできる』とおっしゃっていたということを聞いたことがありますぅ。これは聞いたお話ですが信憑性のある情報源れすた。

 それでもぼくが天鳳をやり続けたのには理由があるれすぅ。それはまだ『不勉強の部分が7割くらい残っているから』れすぅ。

 昨日、とある六段さんと特上卓で同卓して戴きますたが、その当たり牌を抑えたことにお褒めの言葉を戴きますたが、逆にぼくとしては、心の中では…『基本』と思いながらも『その程度の打牌しか実行できていない』ことを感じますた…。つま~り…メンタル的に打てる様な状態では無いんれすぅ…。ここ2カ月…。というか…ずっとれすが、そのお話はちと、長くなるんで、それを明かせる時がきたらお話しますが、きっと、それをお話できれば、何故、ぼくが『この程度なのか』が少しだけ、御理解頂けるかと思いますぅ…。

 それと…この最、全部、膿を出してしまおうと思うのれ…約2カ月前に天鳳の経営者さんにクレームを入れた時のやりとりを以下に公表してみたいと思いますぅ。

このやりとりは、ぼくが天鳳を打っている最中、Windows版(試用期間中)で起こったものを問い合わせたものれすぅ。

<ふぬ→角田さんへ問い合わせ1回目>
2010年5月3日13:08
(^・ω・^)旦
対局中固まり、待つも復帰せず強制終了するしかなくなりました。
泣き寝入りでしょうか?他のNET関連ソフトは試しに起動してみましたが正常でした。
牌譜では3位
順位表示では1位です。
05/03 | 牌譜 | 般東喰赤速 |
http://tenhou.net/0/?log=2010050312gm-0041-0000-c853889b&tw=3
1位 D:ふぬ(0.0) A:(0.0) B:(0.0) C:(0.0)


<角田さん→ふぬへの返信1回目>
>天鳳をご利用頂きありがとうございます。
>ご報告ありがとうございます。
>今後の開発の参考にさせていただきます。
>よろしくお願いいたします。


ぼくの順位はどうなってもたのか全く回答がないんれすが…
やぱし、ここの経営者は「特殊なかた」なのでしょうか…
 もし一般常識のある経営者さんであればこれは…と思い、再度、送ってみますた。


<ふぬ→角田さんへ問い合わせ2回目>
上記の様な御返信を戴きましたが、無駄な時間と労力をかけ、問い合わせをした要点を意図的に無視されていると感じられます。
 フリーズして結果論3位となったことに対する誠意はどの様にお持ちでしょうか?NET上の出来事ですから、御社には、そんなものありませんか?
 「どうしてください」という要望をしているのではありません。こうして途中から何もできずに3位となり、もしこれが7段への昇段戦だった場合など、御社は「何も感じないのでしょうか?」。
 その点、御意見を戴きたいと思いますが?上記の様な事前に用意されていたかのような定型的文面には、全く「誠意も顧客を大事にしようという意図」も感じられません」。この様な対応で顧客が「天鳳を最高のNET麻雀サイトにするために協力しよう」と考えるユーザーが増えるのでしょうか?最近、逆に、そういった有志が減っているのではないでしょうか?以前、角田様のおっしゃった「建設的なお話」をしているつもりですが、御迷惑でしょうか?


<角田さん→ふぬへの返信2回目>
ご返信ありがとうございます。
不具合で満足する対戦が行えなかったことについては
とても申し訳なく思っております。
しかしながら、不具合の原因が不確かな場合、
同様の状態をこちらで再現することが出来ないため、
次に他の方から問い合わせがあった場合に、
その関連を調べていくという方法しか取ることができません…。

ご理解をいただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。


…以上が返信内容れすたぁ…。さて…これで3通目に続かないとならなくなりますた。ぼくからすればこれは『釣り』と同じれすた。

<ふぬ→角田さんへの問い合わせ3回目>
全く当方の意図が理解されていないようで大変残念です。

>不具合で満足する対戦が行えなかったことについては
>とても申し訳なく思っております。

一般常識からしてまずこの一文が本来は、最初のメールにあるべきだと感じますが。
そして…

>しかしながら、不具合の原因が不確かな場合、
>同様の状態をこちらで再現することが出来ないため、
>次に他の方から問い合わせがあった場合に、
>その関連を調べていくという方法しか取ることができません…。

…というのは【御社の都合・技術力・能力・スキル】であり、【ユーザーには一切関係ありません】。推奨環境以上のスペックのPCで対局を行い起きたことです。

全く双方の立場すら御理解されていない様に感じます。

 これはNET上の問題故に正確な原因究明が難しいことくらいは理解した上で当方も敢えて言っており、技術的原因の解明云々など、【運営する御社の問題】で当方には、【しかしながら】などと言う接続詞を用いられ、【ユーザーに技術的難問だから今すぐ解決できない】と原因と対処法を御説明されておりますが、そんなのは二の次のお話であり、【サービスを提供する御社の主張】はまず【ザービス提供がうまくいかなっかことへの謝罪】があり、【それから原因の究明に関する情報・手法】、そして【最終的な解決法】を『企業努力として行っていく』と意思表示した上で、初めて、『誠に勝手ながら御理解いただければ』との文章がくるのが【普通】ですが、御社は始めから、【NETで起きたことで原因は今のところ不明だからわかれ】という意図が先に来て、再び返信がきたので【仕方なく、詫びる】といった姿勢におかしな本心が感じられます。

 技術的な問題があろうとも、まずそれをおいておいて、真っ先に、【ユーザー(顧客)に不利益が起こったことを一番に思い、そこに誠意を表わす言葉がくるのが【常識】だと思いますが、いかがでしょうか?

 御社がユーザーを【どのように扱おうとしておられるか】、今回のやりとりでも十分感じられます。

 まるで、『NET上での不具合なんだから何が起きても泣き寝入りして不満なら辞めてくれ』と言っている様に聞こえますが、いかがでしょうか?本音ではないでしょうか?


<角田さん→ふぬへの返信3回目>
ご返信ありがとうございます。
ユーザ様が正当に教授されるべき権利が
適切に提供されていない状況があることについては、
毎回心苦しく思うと同時に、なんとかして改善していきたい
と考えています。

サポートの完成度?といいますか
侘びに対するスタンスは、少しだらしが無いとことが
あるのかもしれません。ご存知かもしれませんが、
天鳳は開発から運営まで私1名で運営している訳ですが、
開発の行き詰まり状況や、不具合の発生度合いによって
こころくばりが足りない返信をしてしまったと
感じることが度々あります。

清々しい清潔感のあるサポートというのは今後の天鳳の
寿命を決めていくところになるのかもしれません。

ご意見ありがとうございます。


…と返信を戴きますた。まだ、社会経験が浅いんらなぁ…と思いつつ…さらに返信しなくてはならなくなりますた。

<ふぬ→角田さんへ問い合わせ4回目>
度々お時間戴き恐縮です。
 まさか本当におひとりですべてをこなされているのでしょうか…。
だとしたら相当な労力かと想像致します。
 もし本当におひとりでの運営であれば人間として理解できる部分が生まれます。
 完全におひとりでの運営ということであれば、これ以上、お時間を戴くのもどうかと思うので本件はこれにて終了とさせていただきますが、僭越ながら今回の様なサポート面は御社の発展に少なからず意外と大きい要素に成り得ると私個人は感じております。
 なぜなら、おひとりでの運営だからこそ、何かあっても『これだけ誠意をもって対応してくれる』と感じさせるサポートができれば多少の事があっても顧客は応援してくれる可能性が生まれます。
 未完成だからこそ重要なのだと私は考えます。

 生意気申し上げて申し訳ありませんでした。
 
 とりあえず、お体に気をつけて天鳳がNET界No.1の麻雀サイトに育つ様、お祈りいたします。

 以前、GUEST専用卓の設置や切断者ID監視などの提案をさせていただきましたが…

>NoNameについては、天鳳にたどり着いた段階で
>まず試験的に遊んでもらえればという期待で打てるように
>なっています。

…との御回答を戴きました。

 実際は「天鳳にたどり着いた段階でまず試験的に遊んでもらえればという期待」の時期は既に過ぎ、現状に合っていない様に感じ、やはりGUEST専用卓の設置は必要だと思われます。

 実際、初めて天鳳にたどり着いた新規顧客が質問を『GUESTのままチャットで聞けない』というのが現状で、失うものの無いGUESTがチャットで質問もできないまま「とりあえず打ち、雰囲気が分かったら途中でも切断する」という事態を招きかねません。現実は、一般卓の健全化には全くの逆効果です。

 そして「試験的に遊ぶ」人と真剣に昇級を目指す人が同じ卓で打たねばならないということ自体、矛盾していないでしょうか。私はそう感じます。

 一般卓の健全化は課金者の増加を呼び、天鳳自体が健全化するのでサイト自体の信頼性も向上すると考えます。
 お忙しいのとコストの問題もあるかと思いますが、私ならそうします。

 課金すれば上卓から開始という突然の変更は、今まで一般卓でくだらない切断などに苦しまされてきた顧客に対して決して良い印象は与えず、いきなり上卓から打てればRの減少は少なくて済み、Rの価値を下げたことに他なりません。

 お金で解決。一時は良いかもしれませんがサイト自体の信頼性は失われる方向に作用し、中期的に見ればマイナスになるかと予想します。
 上記は個人的な一提案で、他の手法もいくらでもありますが、いきなり「課金すれば○○から開始できる」的措置には運営面の近い将来に少々疑問を抱きます。
 これは(くだらない)余談なので無視されても一向に結構ですが、近い将来の何かの参考になれば幸いです。失礼しました。
ふぬ


…というやりとりがありますた…。この後の角田さんからの返信はありませんれすた。これが5月4日に起った角田さんとのやりとりれすぅ。そう丁度…2カ月前になりますぅ…。

今回はここまでで….。oO また、手術のお話が…ぬぬぬ…
スポンサーサイト
【2010/07/06 05:30 】
【^・ω・^】 ふぬの個人日記 【^・ω・^】 | コメント(0)
<<天鳳止めて2日経過… | ホーム | 天鳳一時引退を決意>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。