スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
≪ 第38回大会 2009年12月9日開催 参加16人 ≫
超ハイレベル大会!参加平均R1886!
天鳳の段位では計れない強者の中の1人!
マボさん、初優勝!
圧巻!6度目の出場で5度目の決勝進出!
オーラス、会心の一撃!
初出場の殴る蹴るさん初出場初準V!
堅実!鳳凰戦士さんはさすがの上位安定!

.。oO 19:30呼びかけ開始…微妙かな…ぬぬぬ…
【優勝】 マボさん(初優勝・出場6回・連帯33%)
【準優勝】殴る蹴るさん(初準優勝・初出場・連帯100%)
【3位】 舞い降りた轟さん          【4位】 68xさん
【5位】 平井理央さん(+33)          【6位】 上風空徒さん(+30)
【7位】 oricaさん(+5)            【8位】 猫まっぷたつさん(+5)
【9位】 クピードさん(+2)           【10位】 shobonさん(-12)
【11位】 大和海太郎さん(-28)        【12位】 HYDROさん(-29)
【13位】 ワクワク三毛子さん(-55)     【14位】 笑笑さん(-72)
【15位】 おーくりー♪さん(-101)      【16位】 DAMUDO.さん(-128)

(参考)決勝進出者予選通過順位及び総合得点
予選1位 舞い降りた轟さん(+122)       2-2-1-1位
予選2位 68xさん(+89)              2-1-3-1位
予選3位 マボさん(+73)             1-2-2-2位
予選4位 殴る蹴るさん(+66)           3-1-1-4位
【全参加者さん  平均段位4.44段 平均R1886】
【決勝進出者さん 平均段位5.25段 平均R1892】
※クピードさん=カイネルさん
※HYDROさん=システマーさん

(短評)
 「ふぬ」の体調不良の影響もあり、久々に19時代の呼びかけ開始となた今大会、時間が進むにつれ参加者さんの参加表明が多くなり時間的に受付時間がやや延び延びになりますたが、「ふぬ」が主催に専念できたことから、大会開始後は、ほぼ良いペースで行われますた。
 今大会はいつもとやや受付時間をずらすことになたにも関わらず、16人の参加者様、さら~に、受付に間にあわなかた方もおられ、「平日の19時30分呼びかけ開始はやや早いのかな」と感じますたぁ。さら~にさら~に、いつもと時間帯がやや異なったにも関わらず、参加表明をしてくださた方々は錚々たる強者揃いノ
 まずは、鳳凰卓で昇段した舞い降りた轟さん、平井理央さん、(初参加だたかな…)oricaさんの3人の鳳凰戦士さん。とある個室を代表するR2000以上の強者のお一人、shobonさん。鳳凰卓を狙う特上の中でも上位安定のクピードさん、「ふぬ杯」最多優勝回数を記録している猫まっぷたつさんが、数大会ぶりに復帰ノHYDROさん、DAMUDO.さん、大和海太郎さん、おーくりー♪さんの天鳳では新鋭実力派成長中特上戦士の方々。そして、「ふぬ」が段位と実力が一致しない「実戦派強者」の中のお一人、マボさんも御参加くださり、ここまで、もう完全に特上中堅以上の実力派の参加者様。ここまででも、11名の猛者さん…もうこの中のどなたが優勝しても何の不思議も無いところに、決勝進出か最下位か、ハマると突き抜ける勝負師・笑笑さんに、初参加してくださた殴る蹴るさんの、これまた、特上中堅以上の実力を持つお二人も加わり、もう大変。ここまで13人全員が特上中堅以上「しか」いない状態…。ここに初参加となたshobonさんのお知り合い、68xさん、最近、ロビチャでよくお見かけする、現在特上行く途中、二段ながらR表示ありの新鋭強者の卵・上風空徒さんが加わり、15名様。そこに、癒し系ID名のワクワク三毛子さんが御参加くださり、もう、今大会はハイレベルな猛者がモサモサ…i
 どなたかのサブIDかもしれませんが、ワクワク三毛子さんの7級がとても新鮮れすたぁ…。

【予選1回戦左1第1組】偶然生まれた[舞い降りた轟さん、shobonさん、殴る蹴るさん、マボさん]組は、まさに、強者4人による初戦。この結果が決勝進出を左右すると言っても過言でない組み合わせ。結果的には、この中の3人が決勝進出することに…。『今大会運命の組み合わせ』となりますた。この組の結果は…
#END マボ(+51) 舞い降りた轟(+9) 殴る蹴る(-19) shobon(-41)
…となり、結果的にラスとなたshobonさんが決勝に進出できない結果となたのは、この組み合わせの妙か…ぬぬぬ。
予選1回戦の第2組では鳳凰戦士・oricaさんが1位、第3組は、やはり、鳳凰戦士・平井理央さんが1位。第4組では、フリーの段位通り、クピードさんが1位となり、偶然、段位通りの結果となた初戦れすたが、実戦派・優勝候補の猫まっぷたつさんが第2組でラスたのがやや番狂わせか…。
 予選2回戦ではshobonさんと猫まっぷたつさんが1位ゲトし、初戦のラスを帳消しに成功し、『ただでは終わらない実力』を発揮。しかし、予選3回戦で共に3位となり、得点の上積みができなかたのが決勝切符を逃すことに繋がりますた…。『ふぬ杯の七不思議の1つ(「ふぬ」が勝手に思てる)』、いつ優勝しても不思議でないクピードさんは、予選2回戦で3位、3回戦でラスとなてまい、決勝に届かず…ぬぬぬ…。
【最終予選左4第1組】再び、鬼の様な組み合わせが実現。[舞い降りた轟さん、マボさん、oricaさん、おーくりー♪さん]組には鳳凰戦士さんお二人にマボさんを加え、特上の新鋭おーくりー♪さんが加わり、天鳳では人気のある左4での対戦が実現。既に3回戦終了時に予選総合暫定2位・舞い降りた轟さんと予選総合暫定3位・マボさんが同卓!その差は15なので、他の組の結果も合わせ、お二人とも『ラスだけは回避し、できれば2位以上』という状況に鳳凰戦士・oricaさんが加わり、もう大変。実際、oricaさんもこの対局で暫定決勝候補2人と同卓で、1位ゲトしていたら、決勝進出が十分可能な『決勝進出射程圏』。決勝切符を懸け、『大一番』となた組れすたぁ…。結果は…
#END 舞い降りた轟(+48) マボ(+6) orica(-21) おーくりー♪(-33)
…となり、なんと、舞い降りた轟とマボさんが1・2位で決勝進出切符を『堅守』となりますたぁ…(凄いれすぅ…)。
とここで、「ふぬ」はちと、おもた。おーくりー♪さんは、記録的打点で1位を取らないと決勝進出切符を手中にできない状態に他の3名様は、全員に決勝進出の可能性があることから、『敢えて勝負を乱さない』というある種の気を利かせた可能性も考えられた事から牌譜を「ふぬふぬ」検証。その結果…この対戦は、おーくりー♪さんは、基本的に配牌に恵まれていないことを確認しますた…。ふぬふぬ。

 [殴る蹴るさん、マボさん、68xさん、舞い降りた轟さん]での優勝争いになた決勝戦。この対局を舞い降りた轟さんが配信を立ててくださり、他家の手牌は見えないものの、ほぼリアルタイムで観戦が可能になり、臨場感たぷ~り。轟さんの音声付きなので、状況や狙いがわかり、非常に面白い決勝戦となりますたぁ。マボさんTOPで迎えたオーラス。2着目の舞い降りた轟さんとの差は、わずか1000点…しかも1本場…。『1飜で良い、熱いオーラス』が始まりますた。そこへ、1位と20400点差があたラス目の殴る蹴るさんが『リーチ』!そして、『ツモ』!
リーチ、チートイ、ホンイツ…ツモ…⊂⌒~⊃。Д。)⊃
 大逆転で準優勝を手中におさめますたノ

(大会後記)
 今大会は、超ハイレベル大会となた中、初参加してくださた上風空徒さんは、初参加で猛者猛者の中、総合6位と大健闘。
 鳳凰戦士・平井理央さんは、2大会ぶりの総合5位、3大会前の優勝を含み、まさに実力通り、上位安定はさすがの一言。 初出場で決勝進出となた68xさんは、この猛者さんだらけの中、見事な戦いぶりで予選で2度1位をゲトし、ノーラスで予選総合2位で決勝進出。しかし、決勝でラス(でも今大会4位)てしまたことから、師匠(?)であるshobonさんから、監禁部屋でお仕置きがあるとかないとか…。
 初参加で決勝進出、決勝オーラスで『おおまくり』した殴る蹴るさんは、決勝ラス目から見事な準優勝。最後の最後でチートイに持っていったのは、打点を考慮した特上戦士(以上)さんならではの手牌(戦術)。
 (おそらく…)初出場してくださいますた鳳凰戦士・oricaさんは、総合7位。初参加で「ふぬ杯」の空気を経験して頂いただけに、今後の御参加が楽しみ。
 初戦から厳しい大会となた猫まっぷたつさんは、それでも総合7位のoricaさんと同点で(大会規定で)総合8位のプラス得点で終了。
 クピードさんは総合9位ながら、やはり、プラス得点。初優勝が待たれる…。
 今大会、こそ総合10位れすが、2度目の御出場をしてくださいますたshobonさんは、前回出場時には、準優勝。この時の大会で優勝されたのが、記録を見てびっくり、いつも「ふぬ杯」を観戦してくださる屋根裏さんれすた…。.。oO この時の大会って…とある個室の参加者様が優勝・準優勝…だたんれすねぇ…といまさら…(第19回大会)。今大会は不調も屋根裏さんと、『とある個室の2強の猛者』さんとして、次回以降の参加を熱望…。
 4大会前の優勝者・大和海太郎さんは、(御本人曰く)『ほぼ定位置』の総合11位。2度目の優勝が待たれるれすぅ。
 4大会ぶりの決勝進出を狙ったHYDROさんは今大会は不調の総合12位。しかし、今大会は『ちょっとした配牌差や打牌ミス』が勝敗に直結させられるハイレベル大会。巻き返しを期待。
 今大会は唯一の『級』ながら御参加くださたワクワク三毛子さんは、中身の実力が本当に7級かどうかは不明れすが、本当に7級ならまだまだ実力未知数れすが、どちらかというと総合13位は大健闘か。
 3大会前は準優勝、4大会前は最下位の笑笑さんは、今大会は炸裂しなかた様で総合14位。.。oO という事は、次回は…。
 -101点と大台打点を叩いてしまた、総合15位、おーくりー♪さん。今大会はとことん配牌悪しか…。しかし、SNSにて最初に参加表明をしてくださり感謝感謝れすぅノ今大会は特に凄い相手ばかしれすたが、是非、優勝を狙ってくらさいノ
 さて、今大会、-128得点で最下位となてもたDAMUDO.さんは、英語の宿題が頭の中の99%を占めていたか。.。oO もしかしたら、そろそろ、麻雀的に壁にあたた可能性も。打牌に迷いか…2度目の優勝が待たれるれすぅ。
 鳳凰卓で昇段された舞い降りた轟さんは、おそらく、今大会は、少々いつもと違う集中力があた様子。予選を総合1位で通過、決勝も『優勝まであと800点』に迫り、その裏付けある堅実な実力は、まさに鳳凰戦士さん。結果は時の運。『与えられた条件で最善策を取るのみ』だが、その最善策を研鑽(けんさん)する姿勢は、天鳳で昇段を目指す者の手本となるものれすた。
(こぼれ話)
 実は今大会、「ふぬ杯」を楽しみにしてくださってた方がいらしゃいますたぁ…。お一人は受付締め切りに僅かに間に間に合わなかった8頭身αさん。特上進出の壁に苦しんでいらした様れすが、数週間前に『特上に行けてよかた』というコメントを頂き、ブログ内で『よかたよかた』と祝福してたんれすが、昨日、気づけば、六段R2000やや切り…。
.。oO 確かこ間、特上に上がれたと喜びあったはずれすが…もう6段R2000近くらお…( ゚Д゚)ポカーン
 実は、「ふぬ杯」を楽しみにしてくださっていた方が、こそ~り、もうお一人いらした様で…。7大会前、初出場初優勝された、とある個室の真・空気流雀士さん…。.。oO 次回は御出場くださるかな…。

.。oO 6時間かかたお…ま、いか…。
スポンサーサイト
【2009/12/12 01:00 】
【NET麻雀】歴代大会出場全順位記録及び短評【ふぬ杯】 | コメント(0)
<<目標に向け小さな第1歩 | ホーム | 死亡IDにザオリクれすぅノ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。