スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
起床したら小雨れすた…梅雨れすねぇ・・・
2009年6月22日15:04記述

 昨日、開催させて頂きますたNET麻雀天鳳での「ふぬ杯」などのコメントなどに表記ミスなどがないか確認…誤字(脱字?)を発見しますたが、まぁ・・・なんとか意味は通じる程度なんで御愛嬌…。何せ、記事は夜中に書く事が多く、疲れている中での執筆なんで『タイプミス』もあったりしますぅ。本来、そういうのも好きではない性格なんれすが、まぁ、お仕事でもないのれ、そんな部分もあても逆に良いかなとか思ったりするれすぅ。
 さて、お友達から戴くコメントを確認すると、なんと天鳳で鳳凰戦士(七段以上の天鳳の巧い方)から、ぼくの『妄想記事』に『意味が分からない』との御指摘が…。熟慮した結果敢えて削除・訂正・お詫びコメントを載せることにしますた。そう判断した真意には、『おそらくぼくのしたい意見の真意は伝わらず、本来、無用な摩擦しか生まない不毛なやりとりになる』ということと、『その他の判断』から、『その記事のコメント部分は無くてもいいかな』と判断しますた。
 さて、最近、寂しいのがぼくがNET麻雀天鳳に訪れた当時、仲良くして下さた、カニグラタンさんや萌やしっ娘さんやマボさんが相次いで天鳳から姿を消し、鉄板強者の童貞キングさんも『天鳳のプログラムに不信感を持ち課金を中止』し、天鳳事態に出入りする事が激減しますた。童貞キングさんは経営者センスもお持ちなので、ぼくとはもの凄く意見や考え方が合うのですが、麻雀自体は鉄板強者にも関わらず、天鳳に三行半を決め込んだ事に『世間が見えている』と個人的には感じておりますぅ。

 さて、昨日、5度目の『アルバイトとして雇いたい』という勧誘の電話があり、4度、無視していたんれすが、『三顧の礼』ではありませんが、5度目なんで『これ以上無視したら不義』かなと思い、電話に出てお話を聞きますた。やるかどうかは、まだ決めてませんが、何せ天鳳のやりすぎで体が鈍り過ぎなんでお仕事を全うできるかどうか今は自信もなく、結論は先送りにしてもらいますた。実は、それ以外の会社からも『アルバイトとして来てくれないか』というオファーがあたんれすが、それは、ちと、信用できない人からのオファーだたので無視しますた。正社員なら考えるんれすがねぇ・・・ふぬふぬ

 さて、そもそも頭を使うゲームが好きな「ふぬ」は麻雀が好きなんで、さらに研鑽を積むつもりれすぅ。実は、課金して壁紙変えて打ったり、牌譜解析をしてデータとにらめっこするなんて事は大好きれすぅ。ぼくは麻雀だとされるNETゲームは天鳳しかやたことが無いので、ぼくの中では『天鳳=麻雀』という事になってしまいそうなんれすが、通算でもう1500戦くらいしたでしょうか…その結、どうも偶然、昇段間近になると、それまでと同じ打ち方をしても4位の山となることを7度体験したことから、プログラム自体に不信感を持つ様になりますた。偶然7度れすか…これは偶然なのかな・・・。ぼくは、元々、『普通の麻雀としてのプログラムであり、自分の麻雀自体の知識がある程度ついてきたら課金して楽しんでもいいかな』と思っていますたが、どうも、自分の体験とプログラムに不信感を抱いて去る良い人の多さに課金という、『お金を払う行為』に抵抗を持っていますぅ。去る人の多くは無課金者の良い人である事が重要な共通要素なのも気になるところです…。時間が空いたときの暇つぶし程度にやる気分転換程度の位置づけであれば、そんなに気にならないのかもしれませんが、真剣に日々昇段を目指している人からすれば、万が一、天鳳≠麻雀であれば、単なる営利目的の罠に『はめられた』という事になりますぅ。まぁ、『それでも楽しめればok』という人も多いでしょうが、日々昇段を目指して打っている人にとっては『勝つ事こそ楽しみ』であり、そういう結果が得られなければ『課金に意味は無くなてしまいますぅ』。それが『昇段間近に限って7度ラスの嵐』が起き、『金土日は高確率で勝てない』という個人的統計がある限り、やはり不信感はぬぐえ無いれすぅ。
 では逆の視点から考えてみましょう。サイトの運営というのは決して純粋なボランティアでも無い限り『無報酬』で40万IDの方々を楽しませるなんてことは、日本社会では『絶対にあり得ません』。そこで、そのサイトから収入を得なければならないのですが、天鳳には広告バナーも非常に少なく、『運営資金の大半は課金者からの収入』であることは、想像に難くないことれすぅ。では、経営者判断として課金者を増やすことで増収に繋がるわけですから、当然、『そうなり易いように努力する』=『経営努力』という構図は否定できない事実れすぅ。そこで出てくるのが、『その手段』れすぅ。こちらは日々の対局結果を記録していますぅ。数々のIDが何故か『同じ様なタイミングでラスの嵐に合う』ということは、経験データ上、把握しておりますぅ。これ以上は敢えて記述しないことにしますぅ。『経営者センスの無い人には、いくら説明しても、その可能性が僅かでもある』ということを認めたがらないでしょう…。ここで注意したいのは営利目的で課金がメイン収入となるサイトに於いて『プログラムに何らかの手が加えられている可能性は否定できない(個人の経験データ有)』ということであり『純粋な麻雀としてプログラム以外の手が加えられていると断定している訳では無い』ということれすぅ。ここはお間違い無いようにしていただきたいれすぅ。運営側はそれを証明することができないので、こちらも証明はできませんんが、あちらも証明できないのれすぅ。となれば、運営のメイン収入源が課金だとすれば…『あらゆる可能性が否定できない』ということれすぅ。さらに東風荘というNET麻雀では全員無課金で楽しめるそうで、そのサイトの収入源は広告収入がメインの様れすぅ…そうなれば、敢えてプログラムに無用な細工をする必要性は無いことになりますぅ…。そこで東風荘というところから来た方の証言に、『東風荘ではこんなに偏った配牌は無かった』というものがごく最近ありますぅ。両NET麻雀の違いは、『その収入源がどこにあるか』れすぅ。日本の市場経済の仕組みからして『そんなことは絶対無い』…この台詞も証明できない以上、否定できず、『メイン収入源が広告収入で無い限り』、ぼく自身の実績からしても疑惑が存在しても当然ということになりますぅ。果たしてそれでも、『実力のみの差』と断言できるでしょうか…。

 さて、キナ臭い話をするには理由がありますぅ。『ぼくは麻雀が好きで課金してデータ解析して壁紙変えて楽しみたい』これが本音れすぅ。だからこそ、天鳳が『純粋なNET麻雀である』という証拠を確認(体感)したいのれすぅ。だからこそ続けていますぅ…。ここをどうか御理解頂きたいと思いますぅ。でなければ、『ぼくも』とっくに天鳳から去っていますぅ。

 現在では麻雀の基礎部分はほぼ分かっていますぅ。さて、もし、ぼくがここで課金してそのIDがすんなり特上まで昇段してしまったら…それもまた、相当な問題となりますぅ…。『課金=特上昇段=お金の力』ということを証明してしまう様なものれすぅ…。おそらく100人中の3人以内に入れる安定した実力のある方は特上まで普通に行けてしまうのでしょうが、そうでない人は配牌や同卓者の実力という不確定要素による運に左右され、幸運な人は特上に行け、そうでない人は無理ということになりますぅ。特上経験者さんの多くが課金経験者さんというのも大きく引っかかりますぅ。さて…2ch経験者のぼくはモリタポもwebマネーもあり、いつでも課金できますぅ。実験するのが怖いのれすが…どしよ…。
スポンサーサイト
【2009/06/22 16:00 】
【^・ω・^】 ふぬの個人日記 【^・ω・^】 | コメント(3)
<<2009年6月22日(月) | ホーム | ≪ 第29回大会 2009年6月22日開催 参加16人 ≫>>
コメント
自分より先にいた人がいなくなると寂しく思います。。                               ふぬさん、実験するのはまだ早い!!
【2009/06/22 19:46】
| URL | My #-[ 編集] |
コメントを戴きましてどもありがとうございますぅノ
まだ早いかな…もう少しがんがってみた方がいいれすか?
【2009/06/23 05:39】
| URL | ふぬ(^・ω・^)わからん #-[ 編集] |
どう考えてもふぬさんの天鳳への不信感から来る精神的ダメージの損失は500円以上あるw
一度課金すべきだと思います。
【2009/06/23 12:34】
| URL | 新しいお友達? #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。