スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
色々と…
【2010年09月29日(水)03:06記述開始】

 まずは何よりも最初に連日、ぼくのブログをチェックしてくださてる親愛なるお友達に心から感謝感謝れすぅ…。ほんとうに、ありがとうございますぅノ

 ちと、今日は…色々書いてみたいと思てるれすぅ…。

 話題①天鳳「ふぬ杯」、次回開催の予定日について…
 長らくお待たせしてしまてる「ふぬ杯」は、「ふぬ」の体調が普通になた頃に開催予定れすぅ。「ふぬ」は、ニッキーになて以来、寝起きする時間帯が、めまぐるしく変わり、体内時計が狂い、心身共に『普通の時、及び、その時間帯』が連日変わてしまい、開催予定日を決めても、余程の事が無い限りドタキャン開催は避けねばならないので、安易に開催日を決められないれすぅ…。というのも、『ママんのお迎え』になんだかんだで約3時間かかるのはいいんれすが、『お迎えに行かねばならない時間は固定』されているのれ、睡眠時間が1時間でも、その時間には起床しなくてはならないれすぅ…。それが余計に体内時計を狂わし、開催決定を遅らせていますぅ…。
 さら~に、もうひとつの要因は…連日のHDD内の録画動画の編集作業などに加え、その合間に気分転換に打つ天鳳の戦績が言葉で語りつくせないほど酷いこと酷いこと…。そうなてまうと『天鳳自体を見たくなくなり「ふぬ杯」を開催する気力』が無くなてまうれすぅ…。本当は早く開催さいたいんれすが…。もうちと、待てね…。

 話題②天鳳「実験「ふぬ」杯」でわかたこと…
 天鳳の運営者さんが何やら雀荘モドとかいうものをコソコソ作ているみたいれすぅ。「ふぬ杯」もさらなる『パワアプ』を目指して、「ふぬ」も模索中。そこでパワアプするのに一番問題になるのは『裏方の労力』となるので、それを軽減できれば色々な事が可能になてくるれすぅ。そこで、普通、他の皆様がお使いになる『大会個室』を使て「ふぬ杯」を開催したらどうなるか、そのメリット・デメリットを実際、「実験「ふぬ杯」」と称してやてみますたぁ…。
 最大のメリットは、『集計ツールというものが使える』のれ、「ふぬ」自信が裏で得点を入力したりしなくて済み裏方の労力を軽減できるのと、参加者さんを固定できるのれ、『乱入が不可能になる』…この2点…。
 デメリットは、『集計ツール』を使うのに、その結果が天鳳鯖で更新されるのに最大で約40分かかるのれ、『得点の途中経過がリアルタイムに把握できない』という事と、『大会個室を使用する』ことれ、一般的に行われている『何回でも打てる、時間内○戦連続最高点の人が優勝』という方式の『主催者が参加者さんを放置して行われる機械的大会』と雰囲気が似てしまい、『「ふぬ杯」独特の雰囲気が醸し出されない』ということれすぅ。後者は、雰囲気の問題なんれすが、それあっての「ふぬ杯」なんれ、大事にしたいと思てますぅ。

 ぬ゙…!今、この記事を書いていて『とあることをひらめいた』れすぅ…ふぬふぬ…。

 話題③(いきなり政治のお話?)尖閣諸島問題…
 司法・行政・立法…これ、三権分立…
 日本国憲法は、立法権を国会に(第41条)、行政権を内閣に(第65条)、司法権を裁判所に(第76条)分属させ、三権分立の原理を実現している。
 今回の司法の『行い』に政治的配慮(政治=行政)が介入したとなれば、それは日本国憲法に違反となるのれ、あくまで、沖縄地裁は『政治的介入は無い』としているれすが、今回の『行い』をする直前に、検察幹部(行政)が沖縄まで行き、今回の判断に介入していることが明らかになてますぅ。
 さて…日本は既に憲法違反を犯して、『のうのう』としているという事は御存じらと思いますぅ。
 憲法第9条第2項前段の内容である「戦力の不保持」に『堂々と違憲』している自衛隊の存在軍艦とか戦闘機とか戦車とか…これは『戦力』でなくて何?ぬ?ぬ?
 お話は変わるれすが、ぼくの遠い親戚に自衛隊にお勤めの人がいらしゃいますぅ。その人がどういう待遇を受け、どれだけの税金を得ていたか…この御時世に、民間企業にお勤めの方からすれば…( ゚Д゚)ハァ?のレベルれすぅ。ボーナス100万越え?そんなの単なる通過点…みたいな…。
 それだけ税金貰て、老後も安泰。さて…それだけの税金をポッケに入れて何回、国を自衛したの?あるわけないれしょ…。
 ぼくがいた民間企業の方が余程過酷で退職金とか普通の従業員がボナス100万越えとかそんなの無いお…自衛隊が厳しくて、同じ会社に努めた人も過酷過ぎてうつ病になてもたお…。自衛隊の方が楽だたて…。
 お話が反れますたが次にこちら…
非核三原則は、政府の「政策的な選択」にすぎない
…要するに、非核三原則は『憲法では無い』ということ。
鳩ぽぽの政権時代に問題となた、『米との密約文章の存在』は、国民を欺きながら、核を知ていて持ちこませたということが問題れすた。

 …さて…今回の『行い(判断)』がされた後…とある巨大掲示板の書き込みなどを見て唖然としてしまいますた…幾つか例を挙げますと…
①あなたは民主党を支持しますか?
②菅総理を支持しますか?
③経済界の票とか経済状況からすれば仕方ないんじゃない?
④やっぱり自民党じゃないとだめだ
⑤自民党ならもっと国民に真意がバレない様に巧くやった
…などなど…
 まだ続く「ふぬ」の( ゚Д゚)ポカーン
 この『行い(判断)=船長の処分保留の釈放』が発表されたのが…みんな寝静まった夜中…こそ~り…。さら~に、民意がどうなるか…相当な時間を経過して『民意がその判断を支持していない事を確認してから(選挙の票を目的として)はじめて、野党さんの反論』…。見え見え…特に自民党さん…。ぼくが知る限り、一番、早く、その判断に反論したのは、存在感の薄い共産党の志位さんれすた。
 そして今日…中国の掲示板には『日本を占領するのは簡単』とまで書かれてしまいますた…。日本国民から見ても、そりゃそうれしょ…こんな『歴史的愚行(脅したら簡単に屈した)』をしてもたんれすから…。
 船長解放後もレアメタルの輸出は止められ、謝罪と賠償金を求められ…とことんペロペロされている菅政権=日本…。借金900兆円…国土も守れず、国士無双13面待ち2巡目テンパイを3巡目のリーチのみに降りてまう日本…。さら~に、降りてる途中に切りミスしてそこに刺さてまい、裏3までついてもた…みたいな…。

 経済の為(実は自分たちの選挙の票の為)なら、勝手に国内に侵犯され、警告に対して体当たり攻撃を数回受けたにもかかわらず、『脅し』に簡単に屈して(実質)無罪放免にしてしまう政府が実権を握る国…
 とある掲示板では、上記の①~⑤の話で盛り上がていますたが、論点が完全に『わかっていない人が多い』ということが、長きにわたるゆとり政策などの『国民愚民化政策』…彼ら(政治家・金持ち・財界人)にとっての裏目が外交問題で出てしまたと感じますた…。
 今の若い方々が、今回の出来事が『現政権が日本国民をどれだけ馬鹿にしたか』…そして…世界各国にどれだけ『日本という国が脅せばどうにでもなる、ひ弱な国』かを大々的にアピールしてしまたか…これがどこまで把握できたことか…。今回の件は『未来の世界史に残る歴史的愚行』となてまうれしょう…。
 政治家は(みせかけの)権威と自分の利益を追求するのみ…長きにわたり続けられてきた『お金稼ぎの職業としての国会議員』…。景気が良かった時代は、見逃されてきますたが…実質、究極に景気は悪化し、尚も目先の『票』を目的とした税金のバラマキ政策…既に900兆円の税金が国会議員や官僚、それを取り巻く『美味しい汁にしがみつく一部の人々』によって搾取され、『死に体(相撲用語)』の日本…。
 100年後の未来には『日本』という国は存在しているのでしょうか…。歴史的に見ても、『滅びる国は滅びるべくして滅びる』れすぅ…。
 今回の歴史的愚行にチャンスと見たロシアも『北方領土はロシアのものだ』と明確に主張しだしますたぁ…。確変引いたらその時は打ちまくれ…どっかのNET麻雀みたいれすぅ…。
 『リーチすれば、どんな高得点の役をテンパイしていても100%降りて、しかも、結局、放銃してくれる国』…そう中国が良い情報としてロシアさんにアドバイスしたみたいれすぅ…。
 かつて戦争で日本が攻めたから…?今の現役世代に関係あるのでしょうか…今後、永遠にそう言い続けられ、犬国家としてしか存在できないのでしょうか…ぼくには、この国に明るい未来は見えないれすが…。
 ふぬ的結論
 お金の為に国土すら守れない人(実権を持つ責任者=内閣総理大臣)は、その国の国民たる資格無し。
 国土・国民を守る為に存在するはずの自衛隊がそれを履行できないのであれば、それは単なる税金泥棒。
 脅迫に即屈する国は淘汰され、未来には存在しなくなる。

…どかな…。

…何時らろ…09:18て…

今回は固いお話れすた…ふぬふぬ

ふぬ
スポンサーサイト
【2010/09/29 09:18 】
【^・ω・^】 ふぬの個人日記 【^・ω・^】 | コメント(3)
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。