スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
久々に打ってみた特上(右3)
2014年3月10日(月)1:35記述開始

 おおよそ2年ぶりにピグの手を抜き、天鳳を楽しもうかと、とりあえず上卓から・・・。
相変わらずのカオス状態で、牌が来ないと狙ってTOPはほぼ無理な感じ・・・。

 その分、自爆していく他家さんが多いのでラス率は下がりますが、3着が増加し卓の平均Rが低いのれ、Rは削られる一方・・・。100戦くらいの地獄モードなのか・・・まー牌が来ない・・・。ちょっとのリードでは不利な点棒状況の他家さんが2着目さんらに高打点を振り込んでまうのれ、牌が来てないと、あっさりまくられてまう・・・。

 そんな中、「これは・・・ねぇ・・・」というオーラス。2着目まで34000点差以上のTOP目でしたが、ラス親の小四喜ツモでまくられ・・・。「ヨンマでこの点差で勝てないんら・・・」と・・・。ツモったTOPさんに「おめれすぅノ」と共に、まー恒例の地獄モード(比喩)かな・・・。と、落ち込まない・・・。何年もやってると麻雀のゲーム性が理解できていて、これくらいのことは、日常茶飯事。以前の様に、理不尽さを感じない耐性が既にできていますた。

 気分転換に数日前から特南を別IDで開始。「上卓とどこがどう違うか」を肌で感じておかないと感覚が鈍ってしまうのれ・・・。とは言うものの・・・実は先月もIDはたくさんあるんれ、特南を打っていて、十二分に戦える感触れすた・・・。
 ところが、ふぬIDらと、きついきつい・・・毎回、神経すり減らされる接戦と神経戦。先月と全く違う印象・・・。

 要は、先月は牌が普通で、現在はどこで打とうが、基本は地獄モード・・・。まぁ、それはいいとして・・・。

 2カ月くらい前から、基本中の基本なんれ、牌効率(牌理)を見直して完璧までは遠いものの、確実に精度はあがった実感がありますた。まー、元が低いと言ってしまえばそれまでなんれすが。

 こんなぼくにアドバイスをして下さる方々の中には、まーぼくから見れば鉄強クラスの打ち手さんもいらしゃるんれすが、とにかく、その実力差に言葉が出ない・・・。

 麻雀を運ゲーとして片づけるのは簡単れすが、その上にあるさらに面白い部分を目指して、ふぬふぬ。

 ここで言いたいのは、上(仮に天鳳位)を目指すのであれば、数千戦打つわけで、知識と集中力からくる『確たる実力差が存在するのは確実』であり、その重要な、とある要素に自分はまだ気づいていない・・・。その『とある要素』がなんなのか、今、苦しんでいますぅ・・・。

 ・・・と、言う前に・・・体調が悪くて通院してるとこをまず何とかしないとならないという・・・_| ̄|○lll

 薬をのんでいるので、打ってる最中に、強烈な眠気+集中力はほぼ無く、曲げ判断、切ってはならない牌などなど・・・自爆が多いのがメンタルにくるれすぅ・・・。

 鼻炎系のアレルギーでもう半年、通院してますが、全く改善せず・・・花粉症の時期になってまいますた・・・。
ほんときつい・・・。ふぬふぬ。
スポンサーサイト
【2014/03/10 02:20 】
【NET麻雀】 ふぬの天鳳個人日記 【天鳳】 | コメント(0)
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。