スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ふぬの12月のアルバイトのお話
ふぬふぬ。

 ふぬは7月に退社した会社からの依頼で冬の繁忙期(お歳暮シーズン)の配達要員としてアルバイトをする事になてまいますた。

 そもそも、その会社を退社したのは現場では必要とされていたのれすが、何も知らない地域で一番エロイ人の方針で「現場に不要」と紙のみで判断されて、ちと、遠い部署に異動をさせられたれすぅ。

 れも、前向きに毎日、新たな部署でがんがて、約2ヶ月でそこの上司に認められ、その上司が出来ないお仕事を「してあげて」ますた。会社を操る部署の社員は、一般の会社の社員から比べると非常にレベルが低い人材しかおらず、こんなぼくれも、現場れはどこれも「何でもできる(契約)社員」として重宝され、ぼくも、実力は認められるんれ、単なる契約社員だたのれすが、上司もさらにその上の上司も、ぼくに「物言い」をすることはありませんれすた。

 ところが…大きな会社でしかも、昨年、やっと「12年遅れでバブルが崩壊した業界」なのれ、今ごろになて、大量にアルバイトさんとかパートさんとか…賃金カットなどなど…突然一気に「リストラ」をしたのれ、現場に残された正社員さん達の混乱ぶりは、酷いものれすた。
 毎日24時過ぎに会社を出てその日の朝5時には起床して出社…さらに、出社と同時に肉体労働開始…22時まで、休憩時間無し、昼食無し…こんな日が週に5連勤などなど…無法地帯れすたぁ。当然、睡眠不足と過労から配達中の事故も多発…労働時間は毎日16時間以上れすが、改竄の毎日…。契約社員は、1年間経験すると正社員登用の試験を受けられるのれすが、正社員にしてしまうと、年収が倍になるのれ、会社の業績の都合上、無理難題を押し付け、地域の最高責任者の方針で、形式的に正社員登用の試験を受験させても「正社員にさせない」という暗黙の裏命令が出ていて、「社内でコネ」のある契約社員や、圧倒的な数字を残した社員のみ正社員にするという方針を実行した為に、毎日、消耗品の奴隷の様に使われる契約社員は給料が時給計算でコンビニ以下という惨状。
 そんなことにぼくも巻き込まれ、しかも、異動…。その異動先で「業務内容が変わった」
という理由で時給が140円、強制的に下げられ、高校生のアルバイト以下の時給にされてまいますた。そんな時、ぼくを知らない先輩である「ぼんぼんのバ○息子」が、ぼくに「パワハラ」まがいのことをしてきたのれ、「ありのまま」を辞表に書いて提出しますた。そしたら、その内容のまま辞表を上に通すと、その職場の一番エロイ人の管理責任が問われるのれ、「書き直す」ように指示され、ぼくも、敢えて、「いわれた通りに書きますから、どう書けばいいか教えてくらさい」と聞き返しますた。そして、辞表は受理され退社になたれすぅ。

 さてさて…あの業界で「戦争」並の急がしさとなる12月が近づいてきますた。元居た現場では、ぼく一人の仕事をする人がいないのれ、アルバイトを雇いはじめますたが…5人雇ても、ぼく一人の仕事量に追いつかない…と、のちに現場所長から言われますた。
 そんな会社が12月に備えてアルバイトを募集したところで、そんな「真っ黒」な会社に応募する人は、ほぼ皆無で、結局、ぼくを退社に追い込んでおきながら、現場では「助けてくれ」と所長からぼくの個人携帯に電話が…。

 ぼくを異動させたのは、所長れはないのれ、仕方なく予定外れすたが、「全てを知る」アルバイトのぼくに出勤日やお休みなどは、全て一任され、タイムカードも手書きで「持って帰って自分で書いて良い」とされますた。何せ、現場所長以上に「全て」を知っているのれ、会社側の管理が「いかに杜撰で信用が出来ないか」を知っているのと、「ぼくがヘソを曲げると現場どうなるか」を知っているのれ、単なるアルバイトとしては異例の待遇となっていますぅ。ただし、時給は、地域の一番エロイ人が決定しているのれ、時給を自分で決めることはできないれすが・・・(・∀・)ニヤニヤ

 そんなこんなで12月1日から、「また」配達のアリバイトを始めたれすぅ…。いつもは、その前の一ヶ月間くらいに朝5時に起きて運動して体を慣らしておくのれすが…今回は元々やる予定れはなかたのれ、全く体を動かしておらず、1日から6日までの6連勤で体が悲鳴を上げてまいますたぁ…。
 今日はお休みの予定れすたが、「荷物が多いのれ出てくれないか」と朝電話があり、緊急出動…。やってみたら、そんなに荷物が無いれすぅ…。ぼくがいなくても何とかなたはずれすが、ぼくは時給なんれ、荷物が少ない日の方が、労働量からするとお得になるれすぅ。

 明日は荷物が多いと予想されるんれ、大変れすぅ…。

 ほんと、あの会社は「真っ黒」れすぅ。現場で働く人達はみんな良い人なんれすが…肩書きを持つ連中とそのYESマンが、30年前の日本並に醜く、知能が低いれすぅ。人事の人が漢字も書けない会社れすぅ。YESマンしか残さないのれ、バ○ばっかりが残るれすぅ…。自分より出来て、頭の回る人間は、自分の地位を脅かされるのれ、遠くへみんな異動させられてまいますぅ…。

 相変わらず、「真っ黒」れすぅ…ふぬふぬ。
スポンサーサイト
【2008/12/08 11:17 】
お仕事のお話 | コメント(0)
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。