スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
メモリー容量さんのお話?

 え~ちと、ここで、ぼくの経験から思うメモリーさんの容量のお話れすぅ…。


 まず、初めに…今現在お世話になてるPCさんのメモリーさん増設に関するお話は、置いておいて…ぼくが、NET(ADSL)を初めて導入した最初のPCさんは、PentiumⅢ 500MHzのCPUさんれ、メモリーは…たすか…128Mれすた…。OSさんが、Windows98SEだたんれすが、某有名ソフトメーカーさんのウイルスを常駐監視させるソフトと、いわゆるスパイウェアを常駐監視するソフトさん、それから、NETを接続したことによる起動初期段階からメモリーさんのお仕事の増加…、さらに、PersonalFireWallていう、これまた常駐監視がお仕事のソフトさんを導入しますた。これらの影響でメモリーさんが128Mれは、OSさんもNETに慣れていないことから、起動すら怪しくなてもたんれ、仕方なくメモリーさんを増設。そのメモリーさんは、普通にどこにでもあるメモリーさんだたんれ、安~い256M(5000円くらいだたかな…)を購入して合計…え~…384Mのメモリーさんで、がんがってもらいますた。れすが、OSさんの元々の性能の影響もあるんれしょうが、メモリーさんが足りないらしく、いつもスワップファイル(?)を作るためにHDDさんが、忙しい忙しい…。そのまま、しばらく、使っていると、HDDさんが「カサカサ…カサカサ…」とか、変な音がしだして、ハングアップしてもうたりすることが多くなりますた…。


 その後、色々あて、PCさん本体を今のPCさんに乗り換えて、OSもWindows2000さんに代えて、色々あて、今は、メモリーさんも何とか、640Mになりますた…。


 一体、自分がPCさんを使用するのに、どれくらいの容量が必要なのかの目安になたのは、いわゆる「メモリークリーナー」さんれすた…。どのくらいの容量がHDDさんにスワップされているのかを普段から見ていたんれ、128M(当時の現状)に256Mの増設れは、「足りない」と判りますた。そこで、諸事情あて、1G増設を諦めて、512Mの増設を目指しますた。


 このPCさんのメモリーは、2枚一組のメモリーさんで、1枚だけらと使用できない物れすた。メモリーさんを刺す口(マザボドのスロット)は、4口あるんれすが、2枚一組なんれ、512Mを1枚増設という選択肢はなくて、512M増設であれば自動的に「256Mを2枚」という事になりますた。


 最近の普通のPCさんは、「1枚刺し」のメモリーさんだと思うのれ、例えば512Mを増設しようとしたら、256Mを2枚にするか、512Mを1枚にするかで少し悩むかもしれません…。まず、確認すべきことは、今使っているPCさんの最大搭載メモリー容量れすぅ。ちなみにぼくのPCさんは、ちと特殊れすが、最大1Gまでれすぅ。これは、最近のPCさんと、あまり差がないかもしれないれすぅ。


 お話が、「ごちゃごちゃ」しますたが、最近、意外とメモリー容量とかビデオボドとかCPUさんのパワーとか、NETの通信速度を要するのが、NETゲームみたいれすぅ…。それ以外の用途で、ハイスペクが必要になるのは、やぱし、動画編集れしょうか…。


 今のぼくのPCさんは、Pentium4-1.5Ghz、メモリー640M、Windows2000れすぅ。この環境で、最近、毎日、動画を編集、エンコードなどしていますが、「編集とエンコード」とか、「編集とTV録画」とか、重い作業と重い作業を同時にするのは、(きっと)無理れすぅ。特にTV録画をしている時は、他に重い作業をお願いすると、録画データの一部が㌧で、まともに録画できないれすぅ…最近、気づいたんれすが…。


 れ、結論れすぅ。最近のPC環境で、普通に色々やるには、512M+αのメモリーさん容量が必要れすぅ。簡単に言うと、メモリーさんが少々少なくても大丈夫れすが、HDDさんの寿命を縮めてまうことと、「時間」を浪費するということれすぅ。


 どかにこんな様なお話が…性能のあまり良くないPCさんの起動時間とか、何かの処理の待ち時間を合計すると…例えば、PCさんを毎日使うとすて、1回の起動時間とか、何かの処理時間(待ち時間)が、1にち合計3分あったとすると、30日で90分、12ヶ月で1080分…。


 つまり、1年間で18時間もPCさんのちょっとした「処理待ち」に時間を使ってることに…。これが、動画の処理とかに、遅いPCさんを使っていると、1にち3分なんてものではなく…。意外と、馬鹿にならない話題なんれすぅ…ほんとに…。


 ぼくのこれまでの経験とか、お友達のお話からすると、マザボドに触る時の静電気以外では、メモリーさんが「逝ってもた」というお話は聞かないれすぅ。ということれ、メモリーさんを増設する時のポイントとしては…


①PCさんのメモリー最大搭載容量


②価格(予算)


③512M+α(=128Mとか256Mとか…)あれば、大抵のことは大丈夫。


ということれすぅ…。


 ちなみに、「どのメモリーさんが自分のPCさんの規格に合うか」ということは、どうも、CPUさんとの問題より、「チップセット」さんとの相性(規格?)の問題が大きいようれすぅ。ぼくのメモリーさんが、合う規格は、Intel850チップセットれすた…。どのチップセットに、どのメモリーさんが合うかは、Intelのホムペジかどこかで見たような…。まず、自分のPCさんのチップセットが、「何」なのかを知るのが先決れ、肝かもしれないれすぅ。有名メーカーさんで購入したPCさんであれば、販売元に直接電話して聞いてみるのが早いれすぅ…。販売元が消滅したPCさんともなると、「チップセットは何か」から調べないと…という事態になるんれすぅ…。



 

スポンサーサイト
【2006/03/04 05:00 】
PC(ハード)さんのお話 | コメント(3)
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。